跳到主要內容區塊 :::
:::
::: 內頁視覺圖
小叮嚀
フォントサイズ : A A A

小叮嚀

気を付ける要点:体質

  • 温泉に入ると体内水分を排出することがあって、だから乾燥肌と敏感性皮膚に特別注意が必要して、肌に水分を補充します。冬に乾燥肌の現象がある人とも同じです。.
  • 皮膚に傷口があって、又は少数は温泉過敏な者に対して温泉に入るべきでありません。
  • 妊婦又は身体虚弱者は体質が特殊なので、温泉風呂を回避する方が良いです。
  • 高血圧、心臓病と糖尿病などの患者は、同じく医師を通じて指示しなければならなくて安心に温泉風呂を楽しむことができます。
  • 満腹になったばかりで、空腹、酒に酔う時皆温泉に入りに適しないです;激しく運動して、長距離は歩き回って、疲れすぎていてもすぐ温泉に入りに適しないで、先に一定の時間で休む、体力回復後を扱って、また温泉に入る楽しみを存分に楽しみますよ。

気を付ける要点:温泉に入る前の準備

  • お風呂前に体をきれいに洗わなければならなくて、特に公衆浴場に入ることは更にこのようです。
  • 酸性硫黄泉が適当ではなくて黒の塩基を含有する石鹸を使います。
  • バスタオルなどの入浴用品は不適に温泉にあまりにも長い間浸漬したことがあって、その繊維は影響されてしないようにします。
  • 温泉に入る前にウォーミングアップ忘れてしないでください、先にタオルで水にぬれて全身叩くことができて、体を源泉温度に慣らした後にまた入浴して浸漬します。

気を付ける要点:浸漬原則

  • 温泉に入る時間の長さは源泉温度によって異なり決めます。
  • 初めて浸漬時間が3-10分にある方が良くて、次第に体を温泉に慣らした後に、またゆっくりと浸漬時間を延長します。
  • 毎回進水して15分を超えない方が良いです。
  • もし温泉に入る時不快感があれば、直ちに池を離れてそして従業員に知らせてください。

気を付ける要点:浴槽の環境

  • 換気、清潔な温泉に入る環境を維持します。
  • 浴槽で走って跳んで遊戯を避けます
  • シャンプーでよく髪の毛をきれいに洗って、そしていくらかで栄養機能つける髮素を使用します。入浴した後に、保湿のクリームを塗ります。
  • 温泉に浸った後に、多く水分を補充するかを覚えていてください、そして休む半時間。
網站Logo
アドレス: 南投市54001中興路660号
TEL:886-49-2222106 FAX:886-49-2201777
建議使用1024x768 螢幕尺寸瀏覽及IE10以上版本瀏覽器